出会い・恋愛体験他

メールで異性の心を解きほぐせるのか?

相手に自分の胸の内を伝えたい。

でも、言葉には限界があり、全てをさらけ出すには抵抗がある。

そのため、相手がどう反応するか、一語一語言葉を選びながら話すことになる。

ところが、メールは内容にもよるが、あまり抵抗なく相手に自分の胸の内を伝える事が出来る。

ただ、あまりにも無頓着にメールをすると、相手の反感を買ってしまう場合がある。

従って、メールにもそれなりの相手に対する礼儀だけは忘れてはいけない。

そして、メールは非常に便利なものだが、読み手にはそのディバイス(キャリア)によっては印象が変わってくる。

PCなら画面が大きいため、あまり苦にならない。

文章が適度な行間で読みやすければ、書き手の意図している事も分かりやすい。

少々文章量が多くても、読み手は平易で退屈しない文章であれば、あまり苦痛を感じない。

ところがスマホやガラケーは画面が見づらく、文字も比較的小さいので、普通は簡単な文章で終わらせるのが一般的だ。

書き手は訓練次第だが、一文字づつ日本語で入力するのは骨が折れる。

そして読み手も画面いっぱいに文字がぎっしり詰まっていたら、読む気も失せてしまうだろう。

少々行間を適度に空けたところで文章量が多く、内容が込み入ってるなら結果は一緒だ。

読んでもらうには余程読み手の興味を惹く内容も伴っていなければならない。

だからメールは読み手の気持ちを考えて、スマホ等で直接入力してみるか、PCで入力しても必ず一旦はスマホ等で確認した方が良いかもしれない。

相手が大切な人であればあるほど。

ところで、真剣に書いたり、読んだりする場合の例として、異性に出す最初のメールがあげられる。

自分の想いが果たして相手の胸の内に届くか、少々ドキドキしながらメールを打つことになる。

出会い系でも日々悩みながらメールを送って、一喜一憂する人々がいる。

しかし、仮にいくら文章が上手くてもメールだけでは人の心を解きほぐすほどには限界がある。

それは、文章の巧拙よりいかに女性の気持ち、機微を知っていて、それを文章で表現できる男性、例えばホストのような職業経験を持つ男性のみ可能なことかもしれない。

-出会い・恋愛体験他