出会い・恋愛体験他

恋愛の裏にある意外な心理が

美男美女でもない、ごく普通の人があり得ない人と恋愛すると、一番疑問に思うこと。

あり得ないとは、当然美男や美女と恋愛する中になった時のことです。

「何故こんな自分に?」。と、まず頭に浮かぶでしょう。

そして、「本当にこんな自分でいいの?」と言う事が次に浮かびます。

相手の心情を探りたくて、その理由を訊きます。

人によっては、納得できる明確な答えがなかったりするので、曖昧に答える人が多いようです。

ただ、「何となく」。そういう答えは、こういう咄嗟の質問にはそう言うしかほかはありません。心・気持ちの問題ですから。

本心ではその「答え」を持っていても、言葉として発するのは、何か抵抗が若干あるとおもわれます。もちろん、その理由を打ち明ける人もいますが。

答えが曖昧だと、やはり相手はいつも「逃げられる」という、一種の強迫観念を持つようになります。

相手が何時でも・どんな時でも好きだという保証は何もありませんから。

だから、付き合っている間は楽しい反面、一人になったら不安感を抱えたままです。

そして、毎日しゃかりきになって、多少無理なことでもせっせと彼女・彼氏に身も心も捧げます。

普通なら、交際期間が長くなると「ぞんざい」になったりしますが、このような例では、ほぼそういう姿はあまり見られません。

で、結局破局のケースもあります。相手が気疲れしまったという場合です。気を使うのは良いですが、ほどほどに。
話は変わりますが、「美女と野獣」のカップル。

日本ではほとんど見かけませんが、外国では多いそうです。

「ゴリラのような男が、人も振り返るほどの美女と一緒に歩いていた」と、多数のカップルを見かけたそうです。これは、ヨーロッパ各地を旅行した友達の証言です。

やっぱり海外では、女性は強い男に憧れる神話は未だ生きているようです。
また、上で述べたことの繰り返しになりますが、例え相手が美男・美女からふられても、心配に及びません。

そういう付き合いが出来たことで、自信が付きます。失敗直後でも、積極的に声をかければ、必ずまた良い相手ができます。不思議と。

やはり、彼氏・彼女を作るなら自分から積極的に責めなければいけません。そうすることによって「ツキ」も自然廻ってきますから。

もし、あなたが恋人が未だいなく、しかも消極的なら、「出会いのチャンス」を拡げるために、一度は出会い系を試してみるのも良いかもしれません。

ただ、サイト選択を間違うと痛い目にあいますし、全国の出会い系のそのほとんどが「出会えない」サイトです。

本当に会える出会い系はせいぜい10サイトにも満たないです。そういうサイトは、必ず無料ポイントがありますから、試してからでも遅くないです。

-出会い・恋愛体験他